青島と日本

您当前所在的位置: ホーム > 青島と日本

1、青島と日本経済貿易提携は30余年前から始まった、多数の第一創作した。

   山東省始めて締結した海外の姉妹都市--青島市と下関市

   山東省初めての国際航路--青島市と大阪市

   初めての外資金融機構--山口銀行青島支店

   初めての補償貿易--青島第一メリヤス工場と日本の伊藤万株式会社

 

 

   1979年10月3日に青島市は日本山口県下関市と山東省の初めての姉妹都市として結びました。これは中日国交回復後以来青島市と山東省初めての姉妹都市である。その後,両市は政治、経済、文化、教育、体育、医療などの面において多流域、他方面の交流合作を行った。2009年は友好関係締結30周年儀式が行われた。

 

 

2、青島と日本との全面的な連携はハイスピードで発展された

   日本駐青島総領事館開館

   日本貿易振興機構青島事務所開設

   青島日本人学校開校

   日本瑞穂銀行青島支店設立、日本三菱東京日联银行青島分行設立

   ハイレベルの相互訪問常態化、固定化

 

 

3、経済協力データー

   今まで、青島市に進出した日系企業のプロジェクトは累計1783件、契約ベース42.2億米ドル、実際利用ベース32億米ドル。日本は青島の第3番目の外国投資国。2010年、青島と日本の貿易額は75億米ドルに達し、日本は青島の二番目の貿易パートナーとなる。

 

 

4、便利な生活環境

 

   目前、日本人駐在は3000人以上

   毎年日本人観光客20万人以上

5、青島の日系企業は積極的に社会責任を担う

   山口銀行は二年ごとに日本語講演コンテストを行い、今年が第八回目で、青島市日本語人材を育成している。

   扶桑化工、青島栄レースなどの日系企業は養老、身障救助など社会福利事業、震災救助に活動している。

   みずほコーポレート銀行は専門項目を設け、青島に日本語人材を育成している。

 

 

 

 

 

進出した企業

more